家計レポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

「クリアファイル家計簿」って何???

いきなりですが

私は今、「クリアファイル家計簿」を実践中です。

そして、中々の好成績をマークしています。

 

この感動を皆様にも伝えたい!!!

という訳で今日は、「クリアファイル家計簿」って何?ってことを書きます。

 

 

「クリアファイル家計簿」って何?

 

「クリアファイル家計簿」とは、ファイナンシャルプランナーのいちのせかつみさんが提唱している節約法です。

本も出版されていて、私はこれを買って実践しています。

書かずに貯まる!  クリアファイル家計簿

(画像をクリックすると、Amazonのページに飛びます。)

 

気になるやり方は?

あまり詳しく書くと、問題になるかもしれないのでざっくりと。

 

用意するもの

・クリアブック

 

 こういう感じのものです。

本では、「20ポケット以上のもの」となっています。

100円ショップなどでも、購入できます。

 

・お金

日割り計算をして、クリアブックに入れるので「千円札」を大量に用意するのがおすすめです。

(ゆうちょ銀行ATMで引き出しすると、全て「千円札」に出来ます(100枚まで))

 

・紙

特に指定はなく、クリアブックの仕切りとして使います。

表裏に日付を書いて、クリアブックに入れます。

 

やり方

1日の「食費」と「日用品費」を2000円に設定し(個人の力量で変更も可)

日別でクリアブックに入れていく。

1日の始まりに財布にその日の予算2000円を入れて、1日の終わりに残ったお金をクリアブックに戻す。

これを続けることで、無駄が省けて無理なく節約できる!というもの。

 

※誰しもが1日2000円でやれるという事ではありません。

{収入ー(固定費+お米代+先取り貯金額+その他・現金支払い用)}÷1か月の日数=1日の予算

この式を用いて、1日の予算となる金額を出します。

(固定費の他にも引き落としなどがある場合は、()内に組み込んで計算する)

 

この式だと、我が家は2000円も使えませんでした。。。

なので、1500円で実践中!

 

本を読んだ感想

 

「食費と日用品費を1日2000円で賄うなんて、、、無理だ」

これが最初に思ったことです。

恐らく、皆さんもそう思っていると思います。

読み進めていくと「案外、やれるかもな」と思うようになりました。

 

肝心の「クリアファイル家計簿」のやり方の他にも、「貯金出来る人・出来ない人の習慣」なども書いてあります。「なるほどねー」なんて思いながら、結構参考になります。

(著者いわく、「3000人を超える家計相談」で分かったことだそうです)

 

計算してみると我が家の1日の予算は1500円。

「わー、2000円よりも少ない。出来るかな」なんて思いましたが

案外、前と変わらない生活が出来ています。それも無理なんてしないで。

 

本の値段は1000円(税抜き)

私の母は、「高い」と言いました。

でも私は、「それ相応」だと思います。

無意識な無駄遣いを気付かせてくれたこれからは無駄遣いを減らせる

この2点が出来るだけでも十分だと思います。

個人的には「良いものを買った『有意義』な出費」です。

 

この節約法を実践してからの方が気持ちよく生活出来ています。

買い物に出掛けるのも、財布の中を見るのも、楽しくなりました。

全然、無理なんてしていないし、今思えば「何をそんなに買っていたのだろう?」とさえ思います(笑)

 

無理だ!と思わずに、まずは1週間だけでもやってみることをおすすめします。

案外やれることが分かると思います。

そして、案外やれると「続けよう」という気持ちになると思います。

ならば、続ければ良いのです。

 

余ったお金で「何しようかな?美味しいものでも、食べに行こうかな?」とか

考えるとワクワクします。

 

詳しいことは、本を読んでみるのをおすすめします。

「家計簿」つけても「貯まらない」という方にはおすすめの1冊です。

 

 

書かずに貯まる!  クリアファイル家計簿

書かずに貯まる! クリアファイル家計簿

 

 

次回は「実践編」を書く予定です。

では。