読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計レポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

何気ない「節約」【光熱費】

我が家の節約

今日は「光熱費」について、です。

 

 

光熱費というと、「電気」「ガス」「水道」です。(私のイメージでは)

 

「電気」について

 

電気の節約は、とってもオーソドックスです。

・使っていない部屋やトイレなどはこまめに消灯。

・エアコンの設定温度は冬は高くしすぎない、夏は低くしすぎない。

・なるべく省エネタイプの家電を選ぶ(買い替えの際)

・テレビは見ないなら、消す。

この程度です。

特にせかせかする訳でもなく、必要な時に必要な分だけ電力を使う、という感じです。

 

「ガス」について

 

引っ越しをして「都市ガス」になったので(以前は「プロパン」でした)

お値段はお安くなりました。

今の家はお風呂の「追い炊き」がありません。

それもお値段が安い原因だと思います。

他には

・給湯のお湯はぬるめにしておく。

・給湯は使わないときは、電源を切っておく。

・煮込み料理は月に2回まで(3時間くらい煮込むもの)

というようなことをしています。

 

お風呂が「ぬるく」なったら、、、

我が家はお風呂に追い炊きがないので、出来ませんが

お風呂でお湯が温くなったとき「追い炊き」をして温める方が多いと思います。

 

ガス代としては「追い炊き」をするよりも「給湯で熱湯を注いで温める」方が

お値段的にはお安くなるのだそうです。

 

現在、追い炊きが無い我が家ですが「熱湯」の方法で十分にお湯は温まります。

以前、プロパンの時に「追い炊き」を使用していた時は最高で14,000円

ガス代として払ったことがあります。(冬です)

先月の我が家(都市ガス・追い炊きなし)のガス代は7,000円でした。

わーお、半額です。

(ちなみに、都市ガスよりもプロパンの方がお値段はお高めです)

 

 

「水道」について

 

水道についても、オーソドックスな事をしているのみです。

・使わないときは、こまめに水を止める。(出しっぱなしにしない)

・お風呂で「シャワー」は使わない。

・洗濯は2日に1回

これだけです。

 

引っ越しをしてから「下水処理費用」がなくなったので

お値段はお安めになりました。

(先月は2,000円でした)

 

なぜ「洗濯は2日に1回」なのか?

結婚して間もない頃は、毎日洗濯をしていました。

とある夏の日、洗濯物は「バスタオル1枚・タオル2枚・私と主人の下着・Tシャツ数枚」

という本当に少ない日が何日かありました。

(夏なので、着ているものも少ない)

 

将来を見据えて、大きめの洗濯機(8kg)を購入していたので

それなりに少なくても、水をたくさん使います。

少なくても36リットル、水が必要と表示されました。

雨で1日洗えなくて、2日分の洗濯物の量で必要な水量は42リットル。

1日分増えたら、水は倍になるのではなく6リットル増えるだけ。

ならば、2日に1回にした方が1か月に使う水の量は格段に減らせる!

と思い、主人に相談。

(洗濯機も大きいので余裕で回る&劣化が遅くなるのも期待できる)

2日に1回くらいならば気にならない、と言ってくれたので

2日に1回、洗濯するようになりました。

 

今のところ、困ることは「梅雨」の時期だけです。

雨が多いと、洗濯の日と晴れの日が合わないと乾かない。

なので、「梅雨」だけは晴れたら回すことにしています。

(節約よりも、乾くことが大切だと思うので)

 

 

まとめ

 

我が家の「光熱費」における節約は特別な事は特にしていません。

「出来ること」を「出来るとき」にやるだけです。

これは私たち夫婦が「無理しても、いつかボロが出る。無理は続かない」と考えているからです。

せかせか節約にだけ、一生懸命になっても虚しいだけだと思うからです。

「無駄さえ無くせば良い」そんな気持ちで日々努力しております。