マネーレポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

「ファイナンシャルプランナー」が気になる。

今日はいつもと違って

ただ今、気になっていることを書きます。

 

 小さい頃から、「お金」というものが好きで

虫眼鏡でお札を眺めたり、小銭を紙にあてて鉛筆で模様を出したりして遊んでいました。

 

全然、希望はしていなかったけれど

友達の強いお誘いによって「商業科」の高校へと進学して『簿記』と出会い、

なぜか才能が開花。

 

なんと開校50年余りの歴史で一番早く「全商簿記1級」を取得した生徒になったのだそう。(全商1級は日商の2級に相当するのだそう)

なので、先生方には「お前は大学に進むべきだ」と強く勧められましたが、

我が家は貧乏でお金がなく、私もヘタレだったので進学せずに就職しました。

 

これは、今でも後悔しています。

正直、もっと簿記や経済、お金について学びたかった、と最近思う。

 

そんな時に、ふと目にした「ファイナンシャルプランナー」というもの。

 

なにそれ???と思って少しだけ調べると

「お金のスペシャリスト」的な説明がなされている。

 

お金についての知識を持った人

その知識を生かして、色々な人にどうするとより良い生活が出来るかアドバイスする人

 

そんな感じなのだそう。

 

素晴らしい!

ますます興味は膨らむ。

 

ユーキャンに「ファイナンシャルプランナー」の講座があったので

資料請求。

 

受講料は6万円超え。

無職の主婦に、そんなお金は出せぬ、、、

 

とりあえず

まずは6万円を貯めなくてはならない。

果たして、6万円の価値はあるのだろうか?

それもじっくり考えながら、貯めるとしよう。

 

個人的には、お金の知識は持っていて損はないと思う。

でも、調べたところ「近頃は、ファイナンシャルプランナーの資格を持った人は沢山いるので、取得したところで役に立つとは限らない」のだそう。

 

うーん。。。

「一度取得すると、一生有効である」という点は魅力を感じるのだけど

生かす場面が家庭のみだと少しお高い印象。

 

うーん。。。

悩ましい。