マネーレポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

”泣き寝入り”は無用。

今日は、こんなことがありましたよ、というお話です。

 

今日は、スーパーでお買い物の日でした。

 

午前中にスーパーで買い物。

息子のご飯用に「骨取り済の銀鮭 400円」を買いました。

 

 

個人的に「骨取り済」というのが良くて、購入する決め手となりました。

(以前に1度購入していて、その時はとても食べやすくて気に入った)

 

お昼に息子用の「鮭チャーハン」を作りました。

その時、「骨取り済」であるはずの鮭に「骨」がたくさん入っていました。

 

若干、イラッとしました。

「はぁ?骨取り済なんだよね?」なんて思いました。

 

だって「骨取り済」だから、買ったのだから。

 

すぐにレシートの「お問い合わせ」の電話番号に電話をしました。

すぐに交換か返金にて対応します、との事でした。

 

なんとも対応の良いお店。

家まで来てくれました!

 

これだけ読むと、私はクレーマーのように見えると思います。

でも、私は「骨取り済」の鮭に400円の価値を感じて、購入することにしたのです。

隣には「骨取りしていない」鮭がもっとお安く販売されていました。

 

骨が取られていないのなら、無駄にお金を払ったことになります。

(骨取りの魚は加工賃がかかるので、お高めです)

 

そう考えたら、腹が立ってしまってクレームを入れることにしたのです。

 

スーパーの方も「おかしいですねぇ」なんて言いながら、鮭を持って帰りました。

スーパー的にも「骨取り」としておきながら「骨あり」では、詐欺になってしまう。

何か問題点があるかもしれない、とか調べることが出来ます。

 

案外、こういったことって

「残念、骨あったわ」でおしまいにしがちだと思うのです。

もう次からは、買わない。

 

それは、もったいないです。

自分は、その製品に対して納得できる価値を見出したから買うのであって

骨があったってまぁいいや、と思えるのなら、最初からお安い骨ありを買えばいいのです。

 

他にも、「食用油を節約するためのスプレー」というものを買ったことがあります。

これは、油を直接垂らして使うよりも、スプレーした方が少ない量で済むので経済的&ヘルシー、という食用油をスプレー出来るもの。

仕組みは簡単で、空気圧でボトルに圧をかけて油をスプレーする仕組み。

 

いざ使おうとしたら、プシュゥ、プシュゥ、と空気が漏れていて圧がかからない。

もちろん、スプレーも出来ない。

 

箱に書いてあった「お客様相談センター」に電話。

交換にて対応します、とのこと。

 

これは、後日郵送にて代品を頂きました。

 

企業としても「不良品」はあってはならないミスです。

もし「不良品」があったなら、それを検証して再発防止に努める

というのが通常なのではないでしょうか?

 

そう考えると、クレームも本当の事ならば言うべきです。

「部品が初めから壊れていた」とか「○○と表示されているのに、されていない」とか。

 

もし、買ったけど不良品だった、という場合は

泣き寝入りせずに一度お店や販売元に連絡してみることをおすすめします。

 

 

もちろん、嘘はダメですよ。