読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計レポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

「我が家のおさいふルール」を作りました。

今回は「家計管理」のお話です。

 

 私達夫婦は、結婚して4年になります。

 

新婚当初、お金の管理をどうするか?という話になった時、

色々とお金を使うのは、私の方が機会が多いだろうという事で

私が管理する事になりました。

 

それからというもの、あれこれと試しては見たものの

思うようには行かず、こどもが産まれてからは赤字続きの日々。

 

何をどうすれば良いのか、、、と悩むこと4年。

 

クリアファイル家計簿に出会ったおかげで、先月は2万円の黒字にすることが出来ました。

しかし!

 

根本的な問題は解決出来ていません。

それは「私の無駄遣い」が減らないこと。

 

どうしたものか、と悩んでいた時に読んだ本に

「“自分のお金ではない“という意識が無駄遣いを誘発する」という内容が

書いてありました。

 

確かに。

社会人時代に自分で稼いでいたときは

あまり無駄遣いをしなかったような、、、。

 

これは主人に申し訳ない限りだ。

ということで、今回は大胆な改革をしました。

 

名付けて

「主人も家計管理に巻き込もう!」作戦(笑)

 

ということで、

「我が家のおさいふルール」なるものを作りました。

f:id:kaztomonacchin:20170417145935j:plain

 

 

作戦1:家計簿をつけてもらう

 

結婚前は、主人も自分のお金は自作の家計簿で管理していたそうで

個人的には、私よりも“きっちり“していると思います。

私は、家計簿を書くのは好きだけれど生かすことが苦手で、振り返りなどをあまりしません。

つまり、家計簿をつけている意味が無いのです。

 

しかし、主人は違います。

きちんと、計画を立てて、実行し、なぜ達成出来たのか(もしくは、出来なかったのか)を分析するタイプです。

 

これは適任だ!ということで、家計簿は主人にまかせることに。

 

これで狙うのは、「主人に言わなくてはならない」という状況を作ることで、

私の無駄遣いを減らすことです。

ごまかすことは出来ないし、無駄なものを買ったら申し訳ないという気持ちになるので

必要の無いものは買わなくなるのではないか?という考えです。

 

作戦2:食費以外は主人が管理する

 

食料は私が買いに行くので、食費は私が管理をする。

(もちろん、1日1500円)

それ以外のお金、日用品費や交通費などは主人が管理することになりました。

 

これは、食料以外は大体2人で買い物に行くから、というのと

私がお金を持っていると「それ、もったいないんじゃない?」と主人が言いづらいのだそう。

 

いつも「無駄遣いしそうなときは、止めてね」とは言っているものの

いざ注意すると「大丈夫!お金足りるから!」となるので、喧嘩になるのも嫌だから

言わない、と言いました。

 

そりゃ、いかん。

喧嘩を避けて、貯金できないなんてお粗末すぎる。

 

これで狙うのは、

私が人のお金だと「これは高いから、やめる」とよく言うのが理由です。

何故か、他人のお金だと思うと「買わなくてもなんとかなる」と思うのです。

主人のお給料でやりくりしているので、すでに「他人のお金」なのだけど

自分で管理するか、主人が管理するかで気分が変わります。

 

作戦3:日用品類は、月に2回のまとめ買いで補充する

 

本来ならば、1日1500円の食費に日用品費も含まれるのだけど

1500円だと、食料を買って精一杯の日も多々あります。

なので、時々“その他・現金“の予算から日用品を買うこともあります。

 

しかし、その他・現金は日用品を買う予算では無いので、足りなくなります。

当たり前です。

なので、この予算を増やして日用品もここから賄うことにしました。

そして、こまめに買い足していては、お金を他のことに使ってしまって

いざという時に足りなくなるので、必要なものは先に買っておくことにしました。

そして、余った分を日用品以外の購入に充てる事で、足りないけど買わなくてはならない→赤字になる、というのを避けるのが狙いです。

 

作戦4:私のおこづかいは“歩合制“

 

今後は私もおこづかい制になりました。

そこで、金額を設定したのですが一律より歩合制の方がやる気が出るし

お金に対する有り難みも湧くだろうということで、歩合制になりました。

 

最低額は5000円。

食費のやりくりで余った額によって、増やすかどうかを「主人の裁量」によって考える

というもの。

とにかく、食費のやりくりを頑張れば、おこづかいが増える。

少々こどもじみた作戦ではありますが、効果はあると思います。

 

以上の作戦は5月から始動します。

とりあえずは1ヶ月やってみて、問題点を洗い出して

6月に改善案でやってみる、という計画。

 

うまく行くと良いなぁ。。。