家計レポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

もはや「クリアファイル家計簿」とは呼べない現状。

どうも、こんばんは。

 

yururi-mom(ゆる嫁)です。

 

前回、「近々、さらにカスタムした事や気付いた事を書く」

と宣言したので

今日はそんなお話を。

 

 

更にカスタムしたこと

 

前回のカスタムは、過去記事をどうぞ。

 

 

www.yururi-mom-money.com

 

 

www.yururi-mom-money.com

 

ここから、さらにカスタムしました。

 

1.家計簿は簡単に。

 

しっかりとした家計簿は主人が付けることになったので、

私は”食費管理”だけをすれば良くなりました。

 

そもそも「クリアファイル家計簿」では、”家計簿なんてつけなくたって大丈夫”というスタンスなのです。

だから、つけなくても良い。

でも、気になるので覚書程度に記録しています。

 

用意したのは、現金出納帳のような書式のノート。


f:id:kaztomonacchin:20170609211948j:plain

私は100円均一で買ったけれど、別に余っているノートに線を引いて使っても良いし

自分が分かればそれで良いと思います。

 

これに

いつの分の予算を使って、いつ・いくら買い物したか

を記録する。

たったこれだけ。

なので、基本的には買い物に行った日に書くだけです。

 

 

書く方法としては2種類あって

1つ目は、1か月の予算をはじめに書いて、そこから減らしていく方法。

 

これだと、どんどんと予算が減っていくので

あとどのくらい使っても良いか、が分かりやすいです。

 

もう1つは、予算は必要な分だけを入金して記入する方法。

これだと、残高が増えていくので、どのくらい頑張ったか

が分かりやすいです。

 

ちなみに私は後者の方法で記入しています。

残高が増えていくのは、とても楽しい(笑)

 

 f:id:kaztomonacchin:20170609212025j:plain

2.小銭は財布に残したままにしておく。

 

簡単な家計簿で、どのくらい成果が出たかが分かるようになったので

細かいお金は財布に入れたままにすることにしました。

(100円玉・500円玉は、よけておきます。)

 

なぜ、こうすることにしたか?というと

余ったお金を銀行口座に預ける時に、小銭がたくさんあると

窓口で手続きをしなければならない。

 

じゃらじゃらじゃらーーー。

 

出来れば手軽にATMで入金できないかな、と思ったのです。

ならば、支払いの時に出る”端数”を余った分から支払えば

結果的には両替してるのと同じになるはず→余りはお札になるはず

と考えたのです。

 

そして、先月試しにやってみたところ

成功しました♪

 

手軽にATMで入金できるので、1つ煩わしさが減りました。

 

3.カードを使う。

”カード”と言っても、クレジットカードでは無く”プリペイドカード”です。

良く行くショッピングモールのカードを持ってはいたのですが、

チャージが1000円単位であること、チャージ金額を使いきれなくてもお釣りは現金で出ないこと(チャージしすぎる不安)、ポイントがあまりつかないこと(200円で1ポイント・500ポイント貯めないと使えない)

という3点が気になって、あまり使っていませんでした。

 

でも、現在は「1日1500円」と分かっているので、チャージしすぎる不安からは解放されました。

お釣りが現金で出ないことについても、残金があればむしろラッキー!

1日分の予算を使わずに、ちょっとしたものが買えたりします。

ポイントについても、アプリと併用したりして(後日、記事にする予定です)

普通に使うよりは多くポイントをもらえたりします。

 

ちなみに、家計簿の書き方ですが

私はチャージしたら、チャージした金額をその日に使ったとみなしています。

なので、2000円チャージして、1500円しか使わなくても

家計簿には、2000円使った、というようにしています。

 

疑問に思われるかもしれないので余談ですが、

我が家は1日の予算が1500円。

しかし、チャージ金額は1000円単位。

一体、500円はどうしているの?という疑問。

 

私は、2日分を買う日にだけチャージしています。

2日分なら、3000円です。

その後、端数があれば1000円だけチャージして1日分だけを買ったりもしますが、

基本的には2日分をチャージして買うようにしています。

 

ちなみに、

端数が沢山あって、今日の予算が3000円なのだけど

2000円チャージで足りそう、という時は

2000円だけをチャージして、残りの1000円は貯金に回すというのが

お勧めです。

 

 

 

気付いた事

 

こんな感じで

日々、試行錯誤しながらも継続しております。

けれど、もはや「クリアファイル家計簿」と呼ぶには無理がある状態になってしまいました(笑)

もう「クリアファイル」にお金なんて入れていないし、余った小銭を見て

ニヤニヤとしたりもしない(笑)

 

残っているのは”1日2000円”というルールのみ。

(我が家は1500円なのだけど)

 

つまりは、予算分け(封筒などによけるやつ)のさらに細かく分けたバージョン

みたいなものですね。

 

要は「お金を多く持ちすぎない」というだけの話のようです。

お金がなければ買えないのだから、諦めるしかない。

その中で、本当に欲しいものを買う癖をつける、という事。

 

3か月やってみて、分かってきました。

おかげさまで、食費以外でも無駄遣いをすることが減ったように思います。

 

以前のように、ネットショッピングを利用したり

クレジットカードで支払うことは減りました。

なるべく現金で、お店で買えるものはお店で見てから買う。

本当に必要か、よく考えるようになりました。

 

しかし、”慣れ”とは恐ろしいです。

慣れてくると、段々と予算がたくさん余った日には

”あれが買えるぞ!”とか”あら、お安いのね”みたいな感じで

予定していないものを買ったりするようになります。

無駄とまでは言わないけれど、ちょっとだけ気が緩んで

”今は必要としていないもの”を買うようになります。

(多分、今日しか買えないかもしれない。と思うのでしょう)

 

そして慣れてくると大体、お金は沢山余るようになります。

なので、慣れてきたら予算を減らしてみるのも1案です。

 

以上、

カスタムしたこと&気付いた事でした。

 

次回は

私の相棒たちを記事に出来ればと思います。