マネーレポート No.2784

お金を貯める為の「あれこれ」を色々と試して、記録するブログ

スポンサーリンク

6月の「家計レポート」と少しの余談。

どうも。

 

お久しぶりです。

yururi-mom(ゆる嫁)です。

 

前回の更新から、また日にちが空いてしまいました。

ごめんなさい。

 

更新する曜日なんかを決めようかな、と考え中です。

 

それはさておき、

今月の家計レポートいってみよう!!!

 

6月の家計レポート

 

食費(と日用品費)

これは恒例の”1日1500円”で過ごすやつです。

(と日用品費)としたのは、本来ならば日用品もここから捻出しないといけないのだけど、

どうにも食費だけで精一杯なのです。

なので、(と日用品費)としたわけです。

もちろん捻出できる時は、ここからの支払いです。

 

肝心の結果は?というと、3,456円を余らせることが出来ました。

 

今月は、特にうれしい誤算(食事に誘っていただくなど)が無くて

外食にも行かなかったので(外食は、その他の経費で賄っています)

ほとんど自炊でした。

 

つまり、今月のこの数字こそが真の実力なのではなかろうか?

 

ほほぅ。。。

 

まぁ、予算をオーバーしなければ良いのだから

これだけ余ればバンザイなのです。

 

来月も、頑張ろう!!!

 

 

家計全体の”赤・黒”

今月は、主人の会社でボーナスが支給されたり、私の内職代が入ったこと

カードの利用が減ってきたおかげで請求額が少ないことなど

色々な要因が重なって

まさかの”黒字”だそう。

 

来月も、この調子で頑張ろう!と言われたけれど、、、

来月は、ボーナス無いからなぁ。。。(笑)

 

来月も黒字を目指して、誘惑と戦うのです!(笑)

 

 

ここからは”余談”

 

近頃、梅雨ということもあって雨降りです。

あまり子連れで雨の日に買い物には行きたくないので、基本的には2日分をまとめて買うサイクルにしているのだけど、そうもいかず。。。

天気予報を見て、雨が続くようなら3日分まとめて買う日も多々ありました。

 

いつも(2日分)の日に余る食費は平均で”200円前後”だと思います。

けれど、3日分を買い込んだ日は平均で”500円以上”は余るのです。

日割りしても3日分の方が、たくさん余る。。。

 

つまり、長い日数分のまとめ買いは難しいけれど、3日分くらいなら

むしろうまく節約出来るかもしれない、という事。

 

妊娠中、1週間分をまとめ買いしていた時はうまく行かなくて

「まとめ買いって本当に節約になるのだろうか?」と本気で思っていたけれど

各々向いている”日数”があるのかもしれない。

 

私には「1週間分」は日にちが多すぎる。

「2日分」では少なすぎる。

調度良いのは「3日分」なのかもしれない。

 

なので、7月は基本的に「3日分」を買うサイクルにしようと思います。

 

それから、

「主人に家計簿を書いてもらっている」という話の続きで

遂に効果が出てきました。

 

結婚して早4年。

今まで私が家計簿をつけていた時は、ボーナスが支給される度に

キラキラした目で「おこづかい、少し増える???」と聞いてきた主人。

 

いつも頑張ってくれているから、と

ほんの少しだけ弾んであげていました。

 

しかし、今回は違いました。

 

5月から本格的に家計簿をつけ始めた主人は、

いつも「お金が無い」という私の言葉が現実である(それもかなり深刻である)ことを実感したらしく、

何も変化が無いのでいつもとは逆に私が

「おこづかいは増えるの???」と聞くと、、、

 

「あれは廃止にしようと思う」と一言。

 

え?

廃止???

 

なんとも潔い決断です。

もともと、諭吉1人しか無いおこづかいでやりくりしてくれているのに

ボーナスは全額貯金にするのだそう。

 

ようやく分かったか!と内心思いましたが(笑)

主人に家計簿を頼んで良かったです。

 

主人曰く、

「自分で管理すると、より実感するから無駄遣いしなくなる」のだそう。

 

私(あると使っちゃうタイプ)も、

いくらあるか分からないから、使う気にならない。

そもそも、お金についてあまり考えなくて良くなったので、物欲が減った。

(多分、お金が無い!という気持ちがストレスになって、何か買いたくなるのではないか?と分析。お金への執着心が強いのかもしれません。)

何か買う時は、申告制なのでよーーーく考えるようになった。

主人に申告している内に「やっぱ要らないかも」となることもしばしば。

(主人は、私の物欲のストッパー係(笑))

 

ということで、

私が家計簿をつけていた時よりも、うまく家計はやりくり出来ています。

 

 

なんとか今年は1年通しで”黒字”に終わりたいです。

 

そして、次回こそは「私の相棒たち」を紹介したいです。

では。